こんにちは!エステックジャパン齋藤です(^^)

今日から11月ですが、最近の朝晩の寒暖差は激しいっすね〜

フロントガラスの飛び石ヒビはこの寒暖差に非常に弱いです。

冷え切ったフロントガラスにデフロスターなどで温風を当ててしまうと

ヒビがいきなり伸びた!なんてことはよくある話(^^;)

飛び石ヒビは早めに修理しましょうね!

それでは今日のご紹介1件目はダイハツ・タントのお客様からです。

丸いヒビからヒゲが長〜く伸びちゃってます(^^;)

日に日に長くなってきたような気がしてと言われてましたが、

これ以上伸びてしまうとリペア不可になる所でした。

続いては日産・ティーダのお客様です。

フロントガラスの上部で黒いセラミック部分に掛かっています。

この場所は通常のガラス屋さんではリペア不可の場所で交換になるヒビですが、

当店は専門店ですから施工可能です(^^)

続いてはトヨタ・ハイエースのお客様です。

こちらは少し古いヒビですが冬が来る前に直した方がいいと友人に言われた

そうでご依頼頂きました。

やはり冬の寒暖差で伸びてしまう可能性が高いので今直して正解です(^^)

続いてはBMWのお客様で今年2回目の飛び石被害です。

新発田〜岩船間や安田〜会津間などの対面通行の高速道路は飛び石被害が

多いですね(^^;)

続いてはトヨタ・エスティマのお客様です。

ご来店直前にウオッシャー液を掛けてしまったそうでヒビの中に水分が

入っていました。

リペア時間とは別に水分除去の時間が掛かってしまいますので

ご予約当日は出来るだけワイパーは使わないよう宜しくお願い致します(^^)

 

これから朝方などはフロントガラスに霜が付いたり凍ったりと

ヒビには危険な時期になります。

早めの修理で交換にならないよう気をつけましょうね!