こんにちは!エステックジャパン齋藤です!

やってきました。冬将軍・・・

フロントガラスリペアにとっても厄介な奴です(^^;)

この雪でヒビの中には水分がたっぷりと入ってしまいます。

リペア前に水分を何とかして除去しないと弊害が出てしまうので

必ず水分は除去しなければならないのですが、これがなかなか難しい。

このようにビニールテープで養生して頂くと水分も入らずに

すぐにリペア作業が開始出来ますのでリペア時間も短く済みます。

それでは今日のご紹介1件目はホンダ・フィットのお客様からです。

こちらもたっぷりと水分が混入していました。

水分でヒビは小さく見えますが除去するとしっかりと大きめなヒビです。

続いては三菱・パジェロのお客様です。

こちらも水分入り(^^;)

まぁこの時期は水分除去が通常ルーティーンです。

続いては日産・セレナのお客様です。

分かりにくいですがこちらも水分が入っていました。

割れ方も細かい放射線状のヒビが広がっているタイプです。

続いては日産・NV350 のお客様です。

来月車検だそうでご依頼頂きました。

古いヒビですがビニールテープで養生して下さいました。

続いてはトヨタ・ハリアーのお客様です。

丸いタイプのヒビで修理痕が一番目立たないヒビです。

 

この時期はヒビが一番伸びやすい時期です。

ヒビの中に水分が入った状態で朝方などフロントガラスが凍ると

ヒビ内部の水分も凍り、膨張してヒビが伸びてしまいます。

早めにリペアするのが一番のヒビ伸長防止です。

お困りの方はお電話くださいね!