こんにちは!S-tech 齋藤です!

今日もお昼にコンビニに寄ったら駐車場の隣のお車が飛び石ヒビがありました。

この時期に飛び石によるヒビでお困りの方も多いのではないでしょうか?

ヒビが完全に伸びてリペア不可能になる前に直しちゃいましょうね(^^)

今日のご紹介は日産・ウイングロードのお客様からです。

水分が混入しており、ヒビが半分くらいに見えてます。水抜き後はこの倍の大きさのヒビが見えてきました。

ヒビは放置しても自然治癒しませんので早めのリペアが肝心です。

続いてはホンダ・CR-Z のお客様です。

複雑に放射線状にヒビがはいっており、リペア痕も一番残るタイプですが強度・車検ともにリペア後は

問題ありません(^^)

続いてはホンダ・ステップワゴンのお客様です。

こちらのヒビも水分で満たされてました(^^;)

しっかりと水分除去してからのリペアとなりますので、水分が混入している場合は

少しお時間を多めに頂いております。

続いては働く車、トラックのキャンターです。

シトレートにヒビが入っています。

この時期にこのタイプのヒビを放置すると伸びる可能性が大です。

最後のご紹介はフォルクスワーゲン・ゴルフのお客様です。

ヒビは入っていませんが、小石の当たった打点が多数あり、運転中は非常に気になってしまいます。

リペア後は完全に見えなくはなりませんがかなり視界はよくなります。

このような傷でお困りの際もご相談下さい!

今年のヒビは今年のうちに!

お電話お待ちしております(^^)